ポータブル電源とサブバッテリー徹底比較。キャンピングカーにおすすめなのは?

どうもときパパです。

キャンピングカーに必要な電気。

ポータブル電源かサブバッテリー、どちらを利用するべき??

実は、ポータブル電源とサブバッテリーどちらにもメリットとデメリットがあります。

しっかり理解すれば上手な使い方が出来るかも。

今回は、ポータブル電源とサブバッテリーを徹底比較します。

楽しいキャンピングカー生活にお役立てください。

大容量ポータブル電源とサブバッテリーの比較

キャンピングカーでの車中泊や、キャンプで電気を使いたい。

そんな時は、大容量ポータブル電源かサブバッテリーが便利です。

電源の確保が難しい場所でも、電気を使うことが出来ます。

大容量ポータブル電源

ポータブル電源のメリットは何といってもその手軽さ。

電気の知識が無くても、充電さえ忘れなければモバイルバッテリー感覚で使うことが出来ます。

最近のポータブル電源は軽くなってきていますので、持ち運びも可能です。

また、ソーラーパネルも接続可能な商品を購入してやれば、日中晴れていれば充電が出来ます。

災害などのいざという時はとても重宝するはずです。

ただし、リチウムイオンバッテリーを使用しており電気を取り出すための配線やインバターやらが全て内蔵されている為、値段は高めです。

また、約500回~800回使用で寿命がくると言われています。

寿命がきた場合は、全て交換になりますので出費は大きいです。

関連記事

どうも、ときパパです。ポータブル電源ってどれを選べばいいの?使い勝手はどうなの??実際、大容量のポータブル電源があれば、一気にキャンピングカー生活が楽しくなります。また災害時は家族を守ってくれるかもしれません[…]

サブバッテリー

サブバッテリーは主にディープサイクルバッテリーと言われるものを使用します。

配線やインバーターを使って、電気を使える環境を整える必要があるため、電気の知識が必要でハードルは高いです(具体的には次に説明)。

また、重量も20キロを超えますので車外に持ち運ぶのは一苦労です。

おおよそ数年で寿命がくると言われていますが、大容量ポータブル電源よりは長持ちします。

また、寿命がきた場合はサブバッテリーの交換のみで良いので比較的安価ですみます。

ちなみに寿命は、使い方によるところが大きいと言われています。

関連記事

どうも、ときパパです。キャンピングカーのサブバッテリーの寿命っていったいどれくらいなのでしょうか?実は一概に言えない問題なのです。それは使い方によって全く違ってくるから。もし、サブバッテリーの寿命を少しでも長くさせた[…]

サブバッテリーの構築に必要なもの

ポータブル電源とは違って、サブバッテリーはそれ単体を用意しても役に立ちません。

具体的には次のものをよういしてやる必要があります。

  1. インバーター
  2. アイソレーター
  3. ソーラーパネル
  4. KIV線

サブバッテリーから電気を取り出すために必要なインバーター。

これがないと家庭用電化製品は使うことが出来ません。

関連記事

どうも、ときパパです。キャンピングカーで必需品のインバーター。インバーターとサブバッテリーの組み合わせで、車中泊で家電が使えるよになりグッと快適になります。でも、難しいのが選び方。正弦波にワット数。しっかりサ[…]

また、サブバッテリーに充電する為に必要なものもあります。

まずは、走行充電に必要なアイソレーター。

走行充電は長距離走らないとあまり意味がありませんので、基本サブ的な要素となります。

次に、ソーラーパネル。

こちらは晴れていれば常に充電してくれますので、天候次第で充電力に期待出来ます。

関連記事

どうも、ときパパです。キャンピングカーにソーラーパネル。決して安い買い物ではありませんので取り付けを迷う方も多いと思います。今回は私がソーラーパネルを取り付けた理由を紹介します。実は色々調べた結果、たった1つ[…]

そして、これらの商品を繋げるKIV線が必要です。

大容量ポータブル電源とサブバッテリーの比較表

まとめると次の表のようになります。

大容量ポータブル電源サブバッテリー
使用されるバッテリー名リチウムイオンバッテリーディープサイクルバッテリー
構築しやすさ簡単難しい
重さ数キロ約20キロ
交換費用10万円超えることも数万円
充電方法外部充電・太陽光発電走行充電・外部充電・太陽光発電
寿命約500回使用数年

使用するシチュエーションを考えてみる

それぞれの特性が理解出来たら、実際に使用するシチュエーションでどちらを使用するべきか考えてみます。

車中泊のみで使用する

電気は車中泊でしか考えてないよという方であれば、やはりディープサイクルサブバッテリーがおすすめです。

寿命が来た時なんかも比較的安価で交換が可能な事は大きなメリット。

大きめのインバーターを用意してやる必要がありますが、電子レンジなんかも使えるようになります。

キャンピングカー屋さんに相談してみるのも一つの手かもしれません。

ただし、まだまだ値段はしますが、1000Wh超えの大容量ポータブル電源も登場してきています。

また、そこまで電化製品を使わないのであれば、500Wh前後の大容量ポータブル電源をソーラーパネルと一緒に購入するのも手かもしれません。

サブバッテリーの構築する労力をお金で買うってイメージでしょうか(笑

関連記事

どうも、ときパパです。ポータブル電源ってどれを選べばいいの?使い勝手はどうなの??実際、大容量のポータブル電源があれば、一気にキャンピングカー生活が楽しくなります。また災害時は家族を守ってくれるかもしれません[…]

キャンプでも使用する

特に、キャンプをよくするので電気を車外に持ち出したい。

そんな人はこの大容量ポータブル電源が大きなメリットとなります。

サブバッテリーは重さ20kg超えますからね。

流石に簡単に持ち出すことは出来ません。

まとめ

大容量ポータブル電源かサブバッテリー。

どちらにもメリットとデメリットがありますが、時代は日々進化しています。

大容量ポータブル電源もどんどんWh数の大きなものが登場し、サブバッテリーもリチウムイオン電池が当たり前の時代はもうすぐそこかもしれません。

早く、キャンピングカーの電気問題が解決すると良いですね。