ハイエースキャンピングカー。寒冷地仕様をわかりやすく紹介。

どうも、ときパパです。

ハイエースの寒冷地仕様っていったい何?そんな雪降らない地域にすんでるけど必要なの?年数回、雪山に出かける程度だけど??

実は、ハイエース寒冷地仕様って絶対付けた方がお得なメーカーオプション。

実際、「ときパパ」の周りにいるハイエースに詳しい人はほぼ付けてます。

もし寒冷地仕様で悩んでいるなら、是非これを読んで寒冷地仕様とは一体何なのかを理解してほしい。そうすれば、寒冷地仕様のお得さが分かるはず。

そしてあなたもきっと、寒冷地仕様を付けたくなるはず。

寒冷地仕様とは

ハイエースは、キャンピングカーのバンコンタイプでは、結構使われる頻度が高い車。

そして、キャンピングカーで一番使われるハイエースのタイプはスーパーロング・ワイド・ハイルーフ。

図体の大きさもでかけりゃ、寒冷地仕様内容も他のハイエースとは少し変わってきます。

トヨタメーカーオプションの中でも結構大切。なので真剣に考えたい。


因みにその他オプションはこちら。

関連記事

どうも、ときパパです。ハイエースのTOYOTAメーカーオプションってどれ選んだら正解か悩みませんか?必要なものはしっかり付けたい。けど、不要なものは出来る限り削って安くすましたい。結局キャンピングカーに使用する場合、どれ選択[…]


ボディーカラー

モノトーンソリッドを選んでた場合のみコート数追加になります。

ホワイトは1コートなので、粉塵(ふんじん)がボディにささっちゃうと錆びやすい。

それを防ぐためにもう1コートぬっちゃおうって事。

その他のカラーは変更なし。

実はこれもあって、我が家は寒冷地仕様のホワイトに決定。ホワイトパール費用、削っちゃいました。

冷却水(LLC)

冷却水が凍らないように濃度を30%から50%になります。

30%だと-15度くらいで凍結しますが、濃度を50%にすると約-35度まで凍結しなくなるそうな。

なるほど。って、-15度の環境は山奥のスキー場じゃないとないかも。

まー安全の為にね。

マニュアルアイドルアップ

ディーゼルエンジンのみ搭載。

エンジンが冷えている時でもスイッチ1つでアイドルアップ。

結果暖房効果が高まるもの。

フューエルヒーター

ディーゼルエンジンのみ搭載

軽油は寒冷時、ゼリー状になってしまうことがあります。

なので、ヒーターで危なくなったら暖めますよって機能。

ちなみにキャンピングカー。社内泊の最中は普通に凍っちゃいます。

エンジンがかかってる最中のみ暖めるってことですね。

リヤドアアウトサイドモールディング

スキー場なんかであるのが、スライドドアが凍っちゃって開かなくなるって現象。

無理やりひっぱったらドアノブ壊れちゃいます。

なので、ゴムパッキンみたいな物でドアの隙間をなくして凍らなくしちゃおうってもの。

見た目は悪いって取っちゃうと後悔することに。

ステップ&ステップカバー

ガソリン車の場合は、ステップに塩ビマットを敷いて、淵をスカッフプレートで固定。

ディーゼル車の場合は、サイレンサーと言われる黒い竪壁がステップまでL字に延長。

リヤフォグ(右側のみ)

寒冷地費用プラスそこからさらに1万円必要。

霧・雪・雨など視界が悪い時に、車の存在を後続車に知らせるための赤色灯。

寒冷地仕様を選ばないと選択出来ません。

ヒーターミラー

寒冷地費用プラスそこからさらに5千円必要。

ドアミラーを暖めて霜・露・雨滴を取り除くもの。

寒冷地仕様を選ばないと選択出来ません。

フロントヒーター

エンジンが暖まるまでの間でも暖房を使えるようにPTC<電熱器>を搭載。

ディーゼル車はさらにホットガスと言われるエアコンコンプレッサーから出るガスを利用して暖める機能もプラス。

スイッチを押すごとに作動。

バッテリー

バッテリーの容量がアップ。

ガソリン車は55D23R(48AH)から、80D26R(55AH)に変更。

ディーゼル車は、もともと80D26R(55AH)。なのでこれを2つに増えやしてもらえます。

場所は1つ目が助手席下。2つ目は運転席下。交換時は費用が倍かかるが致し方なし。

ちなみにバッテリーの容量の見方は

882655AH

88はバッテリーの総合性能。数値が大きいほど性能が良い

Dはバッテリーの短側面のサイズ。これ間違えると設置できない可能性が。

26はバッテリーの長さ寸法。約26㎝って事。

Rは+-端子の極性位置。Rは+端子を手前にした場合に右にくるからR。

55AHはバッテリーの容量

なので、寒冷地仕様にしたらバッテリーは性能アップしてることが分かります。

スターター

もともと大きいスーパーロング・ワイド・ハイルーフ。

なのでガソリンは非寒冷地仕様でも1.6kwと大きめ。

ディーゼルは2.0kwから2.7kwにパワーアップ。

寒冷地仕様がお得な理由

お分かりいただけただろうか?

なんと寒冷地仕様にすると、以上11か所が変更されます。

そして値段は、ガソリン車は1.7万円。ディーゼル車は2.8万円。

選べるのは新車購入時のみの特権。

寒冷地仕様はメーカーオプションの中でも、かなりお買い得なパッケージではないでしょうか。