幼児の最高な笑顔を引き出すアンパンマン列車。四国旅行するなら是非。

どうも、ときパパです。

子供が大好きなアンパンマン。

そんなアンパンマンが思いっきり楽しめる電車があるのはご存じですか?

四国を走る電車で、その名もアンパンマン列車。

実際、3歳の子供と7歳の子供を連れて乗ってみたので、感想を書き綴ってみます。

小学生でもめちゃくちゃ楽しめる。その理由とは?

そして、マイカーでの四国旅行中でもアンパンマン列車を楽しめる方法とは?

アンパンマン列車

JR四国が運行している列車で、アンパンマンがいたるところにペイントされたアンパンマン列車。

当然、外観だけじゃなくて車内のいたるところにアンパンマンのキャラクターたちが。

みんな大好きアンパンマン。

テンションが上がらない子供はいないんじゃないでしょうか。

詳しい運転日や時刻表はこちらを参考にどうぞ。

アンパンマン列車の路線図

参照:JR四国さん

アンパンマン列車は、徳島県・香川県・愛媛県・高知県の4つの県を運行中。

それぞれの路線によって違ったアンパンマン列車が楽しめるようになっていますね。

今回はその中でも画像右下の、“ゆうゆうアンパンマンカー”のご紹介。

徳島駅から阿波池田まで乗ってみました。

アンパンマン列車の中

まずは、座席にかかれたアンパンマンを始め、至る所の電車内部にアンパンマンのキャラクター。

アンパンマン好きの子供にはタマラナイ。

そして、2両目には、

遊べるキッズコーナー。

揺れる列車内で、裸足で遊びまくれるキッズコーナー。

不安定な足場がくすぐる幼心。

アスレチックの要素が大きいかも。

乗る前は恥ずかしがってた我が家の7歳児。

結局乗客の中で一番楽しんでましたから。

アンパンマン列車の駅弁

アンパンマン列車に乗ったら絶対食べさせてあげたいアンパンマン弁当。

お値段1,350円とちょっとお高めのアンパンマン価格。

ほんと、世の中のアンパンマンが財布にももっと優しくなってくれることを願う。

ってか、これはアンパンマンなのか??

偏ったお弁当もご愛敬。

けど、もっとアンパンマンに似せてほしいぞ。

アンパンマン列車内の売店

アンパンマン列車内の売店には、駅弁以外にもアンパンマンのおもちゃが沢山。

子供の目線に置かれたオモチャはお子様を誘惑。

やっぱりもうちょっとアンパンマン価格を何とかしてほしいぞ。

アンパンマン列車の記念乗車証

“ゆうゆうアンパンマンカー”に乗車してると、車掌さんが切符の点検にきます。

その際もらえる記念乗車証。

裏には、アンパンマン列車のスタンプを押す場所も。

揺れる列車の中で上手に押せるかな?

アンパンマン列車の20周年のスタンプラリーブック

アンパンマン列車20周年記念として、スタンプラリー。

色んな駅に設置してあるスタンプを押して回ろう。

スタンプラリーブックは、みどりの窓口で入手することが出来ます。

子供と集めてみるのも面白いかもしれませんね。

マイカーで四国旅行中にアンパンマン列車

マイカーで旅行中は、なかなか乗ることができないのが電車。

往復するならいいですが、出発駅に残したマイカーをどうすんだよって話ですからね。

という事で、今回は夫婦で役割分担。

徳島駅から穴吹駅までは、ときパパがマイカー運転。ときママと子供達がアンパンマン列車でGO。

穴吹駅から阿波池田駅までは、ときママがマイカー運転。ときパパと子供たちがアンパンマン列車でGO。

夫婦そろって子供達とアンパンマン列車に乗りたいってわがまま言うから仕方ない。

今回のアンパンマン列車の時刻表は、

徳島駅→12:01発

穴吹駅→12:41着の12:42発

阿波池田駅→13:16着

始発の徳島駅

徳島駅から穴吹駅までマイカーだと1時間は見ておきたいところ。

なので、徳島駅には11時20分に到着。

因みに12:01発のアンパンマン列車は徳島駅が始発。

なので、早めの到着でもすでにスタンバイOK。

早めにアンパンマン列車に乗る事も出来ますよ。

どちらにせよ、スタンプラリーだったり記念撮影だったり。

思った以上に色々時間を使うと思うので早めの到着が吉。

徳島駅はゴミ箱までアンパンマンペイント。

乗り換えの穴吹駅

徳島駅を11:20頃出発して高速使って穴吹駅まで。

時間はおよそ12:30。約1時間ですね。

因みにマイカーは、穴吹駅前に4台までの駐車スペースあり。

利用する場合は、念のため駅員さんに事情を説明しておこう。

ここからは、ときママとバトンタッチ。阿波池田駅まで宜しくね。

終点の阿波池田駅

終点の阿波池田駅。

こちらの駅にもスタンプが押せる場所があるので忘れずにね。

まー、結局は徳島駅と阿波池田駅での2か所しか押せませんが(笑

記念の乗車券

因みに乗車券は、改札口でスタンプを押してもらえば記念に持って帰る事が出来ます。

ゴミになるかもしれませんが、せっかくなんで持って帰ってみてはいかが?

思い出話に花が咲くかもしれませんよ。

チケットやアンパンマン駅弁は、早めの予約を

四国旅行する日程が決まったら、乗車券と駅弁は早めに予約をしておこう。

特に乗車券は、当日売り切れてたら目も当てられません。

全国どのJR駅でも購入することが可能なのでお早めにどうぞ。

まとめ

幼児の最高な笑顔を引き出す。それが、アンパンマン列車。

小学校低学年でも、まだまだ楽しめました。

なんたって、みんな大好きアンパンマンですから。

四国旅行するなら、寄り道して乗ってみませんか?

ちょっとした工夫で、夫婦も楽しめちゃいますよ。