1ヶ月100kmマラソンの停滞期。乗り越えたらこうなるよ。

どうも、ときパパです。

脱メタボサラリーマン目指して、毎月100kmランニングに挑戦中です。

ダイエットをやってる人は必ず経験する停滞期。

今が無駄に思えてあきらめたくなっちゃうのも事実。

けれども、停滞期って乗り越えたら明るい未来がまってるかも。

ときパパは、1ヶ月100kmマラソンの停滞期を乗り越えたらこうなりました。

停滞期ぐらいで、諦めない方が良いですよ。

停滞期の楽しみ方

7月、8月と2カ月間におよぶ停滞期を経験しました。

関連記事

どうも、ときパパです。脱メタボサラリーマン目指して、毎月100kmランニングに挑戦中です。走ってるけど全然痩せなくなりました。そんなだれもが陥るダイエット停滞期。実は停滞期って身体にとって、とても大切な機能なんです。[…]

停滞期の意味を知ってからは、良い意味で諦めモードでした。

とりあえず、8月からは1週間に1度のチートデイの取り組み。

実は結構これがありがたい。

毎週土曜日のチートデイなんて、1週間を乗り越えるためのカンフル剤。

チートデイ唯一の欠点は、お酒をあんまり飲んじゃダメって事くらい。

停滞期じゃなくてもチートデイ取り入れたいくらい。

停滞期の先に待つ世界

9月に入ると、それまでの2カ月とは違った体重の落ち方になりました。

1日で比べるとコップ1杯で変わってしまう体重。

けど、1週間単位でみると全く違います。

9月の1周目の土曜日の朝。

1週間まえから比べて約1kg痩せてる現実。

これってやっぱりそうですよね??

多分乗り越えました停滞期。

そして、同時に

チートデイ終了のお知らせ。

どっちかっていうと、チートデイがなくなる辛さの方が嬉しさより勝ってた件。

みるみる落ちる体重

結果、9月の1ヶ月間で2kgのダイエットに成功。

71.2kg

73kgの壁を越えたり戻ったりしてましたのでこれは嬉しい。

1月から始めた1ヶ月100kmマラソンダイエット。

78.8kgスタートだったんで、ほぼ7.6kgの減量に成功ってことに。

9か月で約8kgの減量。大雑把に計算して、1ヶ月1kgのペースなんで消費カロリー通り。

大分大雑把なのは、気にしないということで。

ランニングと消費カロリーと脂肪の関係について

関連記事

どうも、ときパパです。脱メタボサラリーマン目指して、毎月100kmランニングに挑戦中です。20代の頃の体形に戻れたら・・・。実は、マラソンダイエットってやり方さえ間違えなければ、時間はかかりますが少しずつ理想に近づきます。[…]

初月の失敗や、停滞期なんかもありましたけど、結果予定通り。

初月の失敗

関連記事

どうも、ときパパです。脱メタボサラリーマン目指して、毎月100kmランニングに挑戦中です。ランニングダイエット始めたいけど、実際どうなの?実はマラソンダイエットって張り切りすぎると、いきなり落とし穴にはまっちゃうかもしれませ[…]

2カ月間に及ぶ停滞期の記録

関連記事

どうも、ときパパです。脱メタボサラリーマン目指して、毎月100kmランニングに挑戦中です。走ってるけど全然痩せなくなりました。そんなだれもが陥るダイエット停滞期。実は停滞期って身体にとって、とても大切な機能なんです。[…]

順風満帆とは言わないですが、結果予定通りになってくれてるのは嬉しいもの。

9か月走ってみて体力はこうなった

ときパパが走ってるコースは、結構アップダウンの激しいコース。

下りにスピード出すのは怖いので相変わらずゆっくり走ってますが、

のぼりでは、ある程度スピード上げても大丈夫なように。

もちろん、登り切ったら相変わらず

ゼィゼィゼィゼィ。

肩で息をしますが、坂の中腹くらいまでなら本気で走れるように。

ゆっくりなら一番上まで登っても多少の息切れで済むようになりました。

体力は間違いなくついてると実感。

この頃になると12月の駅伝が本当に楽しみになってきました。

嬉しい誤算

ときパパが走ってるコースは下のような感じ。

緑が子供たちの通学路。青がときパパのランニングコース。

図の左下で通学路とランニングコースが交わります。

わが子の行ってきますに合わせて走り出すと、2週目でおはようのご挨拶。

 

ときパパ>おはよう!

子供たち>おはよう!おじちゃん!

ときパパ>お兄さんって呼びなさい。

 

時々こけたりして、泣いてる子供がいたり。どうした?と声をかけたりしていまいたが、

新1年生もこの頃になると、歩くスピードも上がってきます。泣いてる子供もいません。

結果、集団登校ですので、自然と集団自体の歩くスピードが速くなります。

子供たちとの挨拶も、ランニングのモチベーションの1つ。

すれ違う為には、ときパパもスピードアップの必要が。

これも体力アップに一役かってくれてる気がします。嬉しい誤算。

ダイエットは知識が必要

ダイエットはやっぱり知識が必要と実感しました。

1ヶ月目、2カ月目は摂取カロリーを全く気にせず1ヶ月100km走った結果、体重が増えるというまさかの事態に。

7カ月目、8カ月目の停滞期を乗り越えられたのも、停滞期がホメオスタシス効果という人間の体に備わっている命を助けるためのものと知って良い意味で諦められてから。

諦めてたら一気にリバウンドの可能性が高かったわけですし。

何はともあれ、9か月続けた自分をほめてあげたい。

関連記事

どうも、ときパパです。脱メタボサラリーマン目指して、毎月100kmランニングに挑戦中です。1ヶ月100kmを1年続けたら、体にはどんな変化があるの?実はランニングダイエットって、体重はもちろん体調の変化が有難かったり[…]