WordPressで「ads.txt ファイル」を設置する方法【ConoHaコノハ】

どうも、ときパパです。

グーグルアドセンスで【要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。】と出てました。

ワードプレスを使ってますが、簡単に解決できたので今後の為に書いておきます。

参考になれば幸いです。

ads.txtファイルの必要性

ads.txt ファイルとは一体何なんでしょうか?

グーグル先生に聞いてみると

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

引用:ads.txt に関するガイド

要は、サイトの広告枠を勝手に悪い人に販売されることを防ぐために必要って事ですね。

グーグル先生が強くおすすめするads.txt ファイルですので、設定しておいたほうが良さそうです。

ads.txtファイル設定方法

ads.txt ファイルの設定方法は簡単です。

主に次の2点を行えばOKです。

  1. ads.txt ファイルの作成
  2. ads.txt ファイルのアップロード

順を追って説明します。

ads.txt ファイルの作成

まずは、ads.txt ファイルの作成です。

グーグルアドセンスにログインしたら

この警告文の「今すぐ修正」をクリックします。

  1. の印をクリックしたら上記のような画面が出てきますので、
  2. のダウンロードをクリックします。

これで、ads.txt ファイルの作成はOKです。

ads.txt ファイルのアップロード

お次は、ads.txt ファイルのアップロードです。

サーバーはConoHaを使用してますが、方法は次の2つあります。

  1. FTPソフトを使用
  2. ConoHaコントロールパネルを使用

FTPソフトを使用

FileZilla(ファイルジラ)というFTPソフトを使って簡単にアップすることが出来ました。

FileZilla(ファイルジラ)のダウンロード方法はこちらから。

関連記事

どうも、ときパパです。THETHOR(ザトール)で【トールバージョン2.0】リリースのお知らせがきてました。でもバージョンアップするときは必ずワードプレスファイルのバックアップが必要。いざという時に元に戻せたりします[…]

FileZilla(ファイルジラ)にログインしたら右側の「public_html」をクリックします。

〇〇〇.com(〇〇〇はサイト名)の中にads.txt ファイルを入れてやればOKです。

左の画面からads.txt ファイルを選択して、右側に移動させてやれば大丈夫です。

ConoHaコントロールパネルを使用

ConoHaコントロールパネルにログインします。

  1. 上の「WING」ボタンをクリックします
  2. 「ファイルマネージャー」をクリックします

ファイルマネージャー

  1. 「public_heml」をクリックします
  2. 〇〇〇.com(〇〇〇は自分のサイト名)をクリックします。
  3. アップロードアイコンをクリックして、ads.txt ファイルをアップロードします。

ads.txt ファイルが中に入ってれば終了です。

最終確認

ads.txt ファイルのアップロード状況は、アドレスバーに

「サイトのURL/ads.txt」

と入力して示されているか確認すればOKです。

問題なくアップロードされている場合は、ads.txt ファイルの中身が表示されます。

因みに、グーグルさんの警告が消えるまでは、大体2日前後かかるとの事です。気長に待ちましょう。

まとめ

「ConoHa」コノハで、ads.txt ファイルを設定する方法をご紹介しました。

いずれは必須になるかもしれないads.txt ファイルの設定。

今のうちにやっておいて損はないかもしれませんね。