「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーがグーグルサーチコンソールで出た時の対処方法

どうも、ときパパです。

グーグルサーチコンソールで、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とのエラーが出たけどこれって何?

noindexタグって何??

この記事はエラー内容の基本的な内容と直し方をご紹介します。

実際には基本放置で大丈夫な場合が多いエラーですが、気持ち悪いって方はこちらのページを参照にエラー解除してあげてください。

エラーが出る場所

グーグルサーチコンソールにログインして、カバレッジをクリックするとみることが出来ます。

エラーが赤くなって、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」。

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」の意味

noindexタグというのは、インデックス登録しないでねというタグの事です。

つまりこのエラーの意味は、インデックスしてほしいページのURLが送られてきたが、その中にインデックス登録しないでねというタグが入ってるよ。というエラーです。

やるの?やらないの??好きなの?嫌いなの??はっきりして!!

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」がでた場合にやる事

ページを確認して、インデックスしたいか、それともしたくないかを確認

エラーが出ているURLを確認して、このページはインデックスしてほしいページなのか?してほしくないページなのかを確認します。

そしてインデックスしてほしくないページの場合は、特になにもする必要はありません。

放置しておけば、インデックスされずにそのままです。

ただし、エラーが出続けるのは気持ち悪いって方は直しても良いかもしれませんね。

インデックスしてほしいページの場合

noindexタグがなぜ含まれてしまったのかを検証する必要があります。

根本的な原因を究明しないと、これから作成するページにもnoindexタグが含まれてしまう可能性があります。

一つ一つ検証して、設定変更しましょう。

インデックスしなくても良いページの場合

間違えてURLを送信してしまった場合に多いようですが、基本放置で大丈夫です。

エラーは出続けますが、問題のないエラーということですね。

ただし、グーグルXML-Sitemapを使用している場合は次の方法で直すことも出来ます。

XML-Sitemapを使用している場合

「設定」→「XML-Sitemap」→「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外す

グーグルXML-Sitemapのプラグインを使用している場合は、このHTML形式でのサイトマップを含めるのチェックを外してみましょう。

XML-Sitemapのプラグインは、グーグルさんに自動的にサイトマップを送信してくれる優れもの。

関連記事

どうも、ときパパです。サイトマップがグーグルサーチコンソールに登録できない!実は、ザ・トールが作ってくれるサイトマップは人間向けで、Googleさん向けには作ってないそうです。なのでGoogleさん向けにサイトマップ[…]

ですが、このプラグインのHTML形式のサイトマップには、noindexタグが含まれて作成されます。

これがエラーの原因の場合が結構あります。問題のURLが「sitemap.xml」の場合、ほぼこれで解決しちゃいます。

設定が終わったら、サーチコンソールで「修正を検証」ボタンを押して様子を見てみましょう。

エラー解除まで

Sitemapの設定を変更して修正を検証してから、おおよそ1週間程度で検証に合格しました通知がきました。

必要のないエラー解除とわかってても、なぜかすっきりしてしまう不思議(笑

まとめ

インデックスしてほしくないページの場合は放置でも構わないエラーですが、解除されればなぜか嬉しいもの。

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーは深刻なエラーではない場合も多いですので焦らずに対処したいですね。